概 要
 
 税理士は法律により、独立・公正な立場で国民の義務である納税に関することを、適正に実現することが使命で、主な業務は、依頼人の税金にかかる書類作成から始まり、申告・申請・相談・その他手続き等を行います。
また法律では、『税理士となる資格を有する者』となっていて『税理士試験合格後、2年以上の実務経験を持つ者』『公認会計士』『弁護士』『23年以上税務署に勤務した国税従事者』等があり、税理士名簿へ登録することによって『税理士』となります。
 
税理士法上の業務
 
  1. 税務代理
  2. 税務書類の作成
  3. 税務相談
 
この他にも、『帳簿記帳の代行』『書類作成』等を行うこともあります。
 
その他の業務
 
税理士は業務上必要な場合、『社会保険労務士業務』の一部を行うことができ、また、『行政書士登録』をすれば、行政書士になることもできます。