13日のおくりびとけ~ちゃんのおもしろ動画王国

★imodeBEST100★
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.竜馬におまかせ
2.東村アキコ
3.フジテレビホームページ
4.麻生歩
5.士郎正宗
6.ワゴンR
7.キノの旅
8.流星のロックマン
9.シール
10.Plaid

i-mobile
[新着人気サイト]
(7)Berryzタイムス(初回限定盤)(DVD付) 前作より丁度1年ぶり、通算7枚目のオリジナル・アルバム。先頃「祝7人で7周年」という、おめでたい見出しと共に記念本が発売されたのが記憶に新しいBerryz工房だが、アルバムとしても本作は通算7枚目である。

そして8年目に突入したBerryz工房が発表した本作は、パンキッシュなロックンロール「一丁目ロック!」で幕を開け、「ギャグ100回分愛してください」のような跳ねるリズムと、手の込んだコーラスが印象的な「BOMB BOMB JUMP」、ゆったりとした「真っ白いあの雲」、短音階を用いた16ビードのテクノ曲「女子会 The Night」、そしてモータウン・レコード系の伝統的リズムが軽快な「ガールズタイム」は可愛らしい仕上がりに。続く「女のプライド」は皆で歌えそうなゴスペル調の楽曲で、アルバムの最後を締めくくるのは「歓迎新鮮まつり」でも歌われた「マジカルフューチャー」。2010年に発表したシングル「本気ボンバー」「シャイニング パワー」と、2011年第1弾シングル「ヒロインになろうか!」も収録。総合的に見れば、これまでに無い新たな曲調や手法を大々的に取り入れたりはしていないが、ヴェテランならではの安定感と余裕で仕上げられた、質の高い仕上がりになっている。

「6th 雄叫びアルバム」発表後のよみうりランドでのイヴェント、初夏ツアー「海の家 雄叫びハウス」、秋冬ツアー「ベリ高フェス!」と、メンバーが培い積み上げてきた技量と個性、ユニークなアイディア、そして「シャイニング・パワー」等に代表される充実した楽曲群が反応し合い、それが湧き上がるようなエネルギーとして活動の全てに投影され、昨年(2010年)は、これまでの歴史の中でも印象深い年となった。そのエネルギーは2011年にも受け継がれ、発表された本作と新たな楽曲群を主軸に、新たな手法とアイディアでBerryz工房ワールドを堪能させてくれるに違いない。

尚、特典DVDには、その「ヒロインになろうか!」のメンバー7人分のSolo Dance Verと、「歓迎新鮮まつり」のライヴ・ヴァージョン、そしてジャケット撮影のメイキング映像と、これまでの作品を持っている方々にはお馴染みの内容。

初歩からわかるAndroid最新プログラミング 初歩本を何冊かみましたが、この本がダントツにわかりやすい。画面写真が多く、初心が陥りがちな穴も予測してアドバイスしてくれている。取り上げているネタもandroidならではのタッチセンサー、オープンGL、加速度センサー、BGM、効果音など、やりがいのあるものばかりで、わかった気にさせてくれる。


涼風のメルト -Where wishes are drawn to each other- >とりあえず、全ルートをプレイしての感想は゛てんまそと大三元のコンビ゛だなと(笑)

個人的には今年の作品の中ではかなり上位ランクではないかな〜…

今年は微妙に不作感がありますからね…

あと、バグ等に関しましては、さほど気にならなかったですね。

BGM、グラフィックはやはり問題なしでした

シナリオは、ボリュームもさることながらよく練られていて個人的には好きでした。

世界観が過去作品と共通なのも親しみやすく過去作品をやっていない人には是非ともプレイして貰いたい。

話は変わりますが、涼役の海原エレナさんは実際プレイするまで不安ではありましたが、なんのその…

良いではないですか…

むしろ、海原さんだから合ったと云う感じかと(笑)

そして何より、佳華が可愛すぎる…

萌死を狙っているんですね、分かります(笑)

あーてぃかる…げふん、げふん

もありましたし…(笑)

個人的イチオシ作品の一つです(笑)

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking

today:005 yesterday:009
TOTAL:48224