i-mobile
高田スーザンあ~くんのフランキー動画リスト

girls☆ranking
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.大脱走
2.城咲仁
3.エイリアン プレデター
4.ハイウェイマイウェイ
5.佐々木淳子
6.スライムもりもり
7.無料アプリ
8.冒険でしょでしょ?
9.山田芳裕
10.わすれじのレイド・バック

i-mobile
★imodeBEST100★
“t” 彼が本気でアーティストとして取り組んだのが、1曲目を聴けばすぐわかりました。"t"はWHITEにも収録されていますが、4曲目のロックテイストバージョンが特に好きです。「空に飛ぶ夢」もお勧め。それぞれスタイルを変えているので、4曲だけでも十分満足できました。声がいい!
神と仏の道を歩く―神仏霊場巡拝の道公式ガイドブック (集英社新書 ビジュアル版 10V) “公式ガイドブック”を名乗るだけあり、150を超える神社仏閣の由緒縁起や見どころが、各寺社見開き2ページでコンパクトに紹介されている。
通称・俗称と正式名称を併記したり、宗派や本尊の名称を読み仮名入りで記載するなど、非常に気配りがされている。遍路巡礼者はもとより、私のような不信心な者にも、教養や常識を弁える意味でとても参考になる。

本書のウリは、寺社の建造物を写真でなく鉛筆描きの細密画で紹介していることだ。
大ベテランから若手まで約30人の描き手が分担して描いたモノクロ世界には、しかし、写真と見紛うばかりの、ときには写真が語り得ぬディティールが盛り込まれ、見事と言うほかはない。
たしかに、写真、とくにカラーでは、各寺社の一種ミステリアスな荘厳さや居住まいを必ずしも上手く表現できるとは言い切れまい。要らぬ固定観念を与える恐れもあろう。それに、建造物の最も魅力的な姿を切り取ろうとしたとき、あるいは周囲の木々や不自然な人工物が邪魔をしたりイメージを損なったりすることもあり得よう。
しかし、変な作為を加えたと見るのは筋違いだ。むしろ、印象を散漫にする懸念雑念を払拭するという意味で、この手法は成功していると思う。

残念なのは、地図の扱いだ。
各ページ右下隅に3センチ四方程度の扇形で嵌め込まれているが、紙面の制約で鉄道や道路などが十分に描かれていない。中には、近在の目標物が道路1本だけしかない、というものさえある。
また、図面により縮尺がマチマチらしく、その明示もない。他の寺社と比較して距離感や所要時間の見当をつけにくいのは大きな減点材料だ。巻末にいちおう折り込み地図はあるが、これにも縮尺明記がない。
たとえば、各章の冒頭に地域の中域図を入れ(当然縮尺表示も)、周辺との相対関係をきちんと把握できるようにするべきではなかったか。

クイック・ジャパン91 クイック・ジャパンでは、異彩を放つお笑い番組を特集することが近年多くなっている。

そんな雑誌なんだから、今回の特集はやって当然と思える内容であった。

面白いのは間違いないが、内容が多岐にわたり過ぎており、悪フザケのような回も少なくない同番組。

そんなゴッドタンの概要が、丁寧にまとめられておりかなりの好印象です。

松丸アナの書き下ろし小説が、掲載されていたのには流石に驚いたけど。


COCCOとマツコの対談はとても深い内容で、何度も読み返した。

自分の中で、「伊藤みどり」のレベルが一気に跳ね上がった。


不惑のサブカルロードのECDさんの回も良かった。

アル中になったのは、何かで読んで知ったいましたが、どんな状況だったかそこからどう立ち直ったかが書かれており、興味深かった。


レギュラー連載のコラム等も、いつも通り面白いので買って損はしないと思います。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:004 yesterday:035
TOTAL:14629