i-mobile
昭和のパイソンり~ちゃんのくりくり携帯動画

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Vibe
2.ブラックバード
3.Gackt
4.フランク・ギャンバレ
5.アイ ロボット
6.鈴木トオル
7.女優
8.オリンピック
9.セブン・イヤーズ・イン・チベット
10.エディット・ピアフ

i-mobile
★imodeBEST100★
生命力 最近は全くと言っていいほど邦楽ロックを聴いていなかった自分が久々にはまった1枚。普段はジャンルレスな洋楽ばかり漁っている畑違いの自分が、ごくたまにこういう買い物をする。(AKFGの『ソルファ』以来)

きっかけは年末にMステのスーパーライブで"飛び魚のバタフライ"を見たときだった。たまたま目に入ったってのもあるけど、いろんなアーティストがいる中で彼女たちが一際魅力的に見えたのは自分だけでしょうか。歌詞がユニークだったし(韻の踏み方とか)、メロディも南国チックでこれまたユニーク。あまりのキュートさにその瞬間はもうTVに釘付け。その後、彼女たちがチャットだと知ってもうググリまくりである。

それはともかく、このアルバムは単純にいい。飛び魚のような乗れる曲以外にも"世界が終わる夜に"や"橙"のように内省的なカラーを持つ曲もあって中々聴かせてくれる。そしてベースがいい音を鳴らしている。"シャングリラ"なんかはドラムとベースだけでも充分かっこいいトラックだと思う。

関係ないが、Vo.橋本さんのあくまで自然体のキャラがあまりに素敵過ぎて別の意味でノックアウト。これまでのアルバムも聴いてみたいと思った。

ナポリのマラドーナ―イタリアにおける「南」とは何か (historia) 10年以上前、ミラノのイタリア人から、南部を揶揄するこんな言葉を聞いたことがある。
この本は、イタリアにとって「南部」が近代史上どのように扱われてきたかを、歴史と現在を結びながら描いている。南部に対する差別的な扱いが顕在化したのは、19世紀のイタリア統一のころからという。著者は1990年のサッカー・ワールドカップのイタリア大会でのイタリア対アルゼンチン戦のエピソードから説き起こし、マフィアや農業の実情、工業化の過程に触れながら、思想・経済上の南部の位置づけを跡づけていく。そして著者はさらに、アルゼンチンに足を伸ばして、イタリアとこの南米の大国の関係を探って、今日の「南北」問題に視点を広げている。
地中海の暑い太陽光線がページの間に充満している本だ。

GOLDEN☆BEST 河合その子・国生さゆり・城之内早苗・渡辺美奈代・渡辺満里奈 とりあえず車通勤だから、買いはしたものの、お年玉や各CDを持っているので。
でも、まあ新鮮な感じで聞いています。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:007 yesterday:029
TOTAL:89693