Q&A

 よくあるこのサイトについての質問・受験勉強そのものについての質問/相談についてまとめました。

Q&A
Q_01
このサイトの経営者は?
Q_02
このサイトの概要は?
Q_03
なぜビジュアルにこだわる?
Q_04
本当に数学が苦手なんだけど…?
Q_05
受験と部活は両立できる?
Q_06
○○大学に受かるにはどれぐらい勉強すればいいの?
Q_07
勉強に疲れたときはどうすればいいのでしょうか?
Q_08
いい問題集はありませんか?
Q_09
学校までの距離が遠いので、不利です・・・
Q_10
学校の先生の授業は聞かなければ駄目ですか?
Q_11
夏休みは、どのように計画を立てればいいですか?
Q_12
東大は基礎さえしっかりしておけば受かるって本当ですか?
Q_13
センター試験と本試験、それぞれの力の入れ具合は?
Q_14
受験勉強での秘訣は?
Q_01 このサイトの経営者は?
  このサイトは、多くの受験生を合格へと導いてきた東大生のみによって作られています。
中学生・高校生で数学が苦手だという方、是非このサイトで数学に親しんで下さい。

Q_02 このサイトの概要は?
 学校の教科書に則っただけの解説や、活字の問題集を読むだけでは数学に対し抵抗を持つのは当然です。このサイトでは 数学をもっと直観的に視覚的に捉えることで理解を助けることを趣旨にしています。

Q_03 なぜビジュアルにこだわる?
 一般的に日本人は視覚から来る情報に強い、とされています。我々の自覚には薄いですが、幼少の頃から漢字・ひらがな・カタカナと たくさんの視覚的な文字を扱ってきた日本人はIQの数値を見ても世界的に視覚情報の分析に優れていることが分かります。我々日本人にとって もっとも最適な勉強法とは暗唱や活字を読むことではありません。視覚的に理解をすることです。 数学では本来視覚的に理解出来ることが多いのですが、残念なことにまず学校ではそのような解説はしてくれません。解説集等をみてもページ数を無駄にとるため そのような説明は非常に困難な様です。当サイトでは誰もが直観的に理解出来るようなビジュアル的に数学を学べる工夫がされております。

Q_04 本当に数学が苦手なんだけど…?
 数学が苦手だ、という学生を多く見てきましたが、その多くは基本的なところで引っかかっていることが殆どです。
そして数学の根本の部分というのは、ビジュアル的な理解が可能です。まずは一度解説を見て下さい。

Q_05 受験と部活は両立できる?
 これもよくある定番の質問ですが、人と環境によるのだと思います。
恐らくこの質問の意図は、「受験と部活はどちらも時間を取るものだから、両立は無理!」といったことだと思うのですが、 2つのことを同時に為そうとするには自分の中でスケジュール管理と優先順位を付けることが大切です。 部活の忙しさは個々人によって異なるものですが、この部活に投資する時間が何時間程度なのか一度冷静に考えてみましょう。
1週間は168時間もあります。 1週間のスケジュールを冷静に見返してみると、そのうちで勉強している時間は何時間で、テレビや漫画で息抜きをしている時間は どれくらいでしょうか。1日2時間程度の息抜きの時間があるのであれば、1週間では14時間も休んでいることになります。 部活に投資する時間が週に5,6時間であれば、この時間を息抜きとして部活を続ければ両立可能なように思われます。むしろ他の息抜きの時間を短くするべきですよね。
部活を続けることが息抜きにはまったくならない、寧ろストレスになる、ということであれば一度受験期間は部活を辞める選択肢も考えましょう。 大学に入ってから再開する時間はいくらでもあります。また、どうしても部活を続けたいのであれば、他の息抜きの時間を短くする・浪人を覚悟するといった選択肢もあります。
カウンセリングの話にはなりますが、"べき思考"はストレスの原因になると言われています。 「受験勉強をするべき」「部活は続けるべき」という2つの"べき思考"があると、共に両立することは出来ないため、どうしてもストレスになります。 どちらかの"べき思考"をやめる意識改革をするか、両立して他の時間を削る覚悟を決めましょう。

Q_06 ○○大学に受かるにはどれぐらい勉強すればいいの?
 私自身の経験上、東大に入って生徒や親から受けた最も多い質問がこの「どれぐらい勉強すればいいのか?」といった類の質問です。 しかし、はっきり言いますがこのような質問をしている時点で『何か基本的な受験精神が間違っているんじゃないかな』と私は思っています。
そもそも時間で区切ったところで無意味です。だらだらと10時間勉強したってそれはただ"我慢強い"だけの話です。やるならせめて、時間ではなく問題集の量・理解度の高さを 基準にすべきだと思います。
それに、例えば仮に私が『1年で合計1000時間勉強すれば受かりますよ』と言ったらどうするのでしょうか。1001時間勉強するのでしょうか。だとしたらそれは少し違うと思います。
今ここで「受験にギリギリで受かりたいのか?」と問い詰め直してください。
ギリギリで受かりたいのですか?違いますよね。受かりたいのですよね。
だったら2000時間でも3000時間でもいくらでも勉強したらいいじゃないですか。このような質問をする人の多くが「ギリギリで受かりたい」という受験精神になっているんじゃないか、と 私は思っています。自分も受験生だった当時似たようなことを考えた時期もあったので気持ちは分かりますが、このような疑問を持つ方は一度問い詰め直してみましょう。

Q_07 勉強に疲れたとき(あるいは眠いとき)はどうすればいいのでしょうか?
 気分転換は大事です。ただ、実際に気分転換すべきかどうかは自分で判断するしかないでしょう。
「今ここで気分転換をした方がはかどるのかどうか」を自分で考え、もうひと頑張りするべきだと感じたならばもう少し頑張ってみましょう。
私の場合ですと、眠気だけはどうしようもない問題であったため眠い時は机に突っ伏して寝てました。 机の上で寝る分にはそこまで長時間眠る心配もないですし、正直眠いと何もはかどりません。「眠い時は寝た方が効率はいい」と私は考え よく寝るようにしていました。
ただし受験間近1カ月ぐらいになったころには、受験本番での時間に合わせて睡眠時間を調整するようにしました。

Q_08 いい問題集はありませんか?
 問題集としては私は青チャートを利用しました。
この問題集を選択した理由としましては、まず問題数が多いということです。 そのため、この問題集の演習問題だけを解くだけで全ての大学の受験資格を得られます。 これは誇張しているわけではなく事実です。実際に手にとってみると量に圧倒されるかもしれませんが、演習問題だけなら十分可能です。私は3週解くようにしました。
私の場合基礎を押さえた分野から順に取り組みました。受験数学は問題傾向などが基本的に同じなので、暗記すべき流れ等も多いです。そのため、
1週目は答えまでの流れが分からない問題の解説を半ば暗記する勢いで解き進め分からなかった問題全てにチェックを入れます。 実際やってみると殆どチェックが付くこともありますが、それを気にしないのが大切です。
2週目では1週目でチェックした問題だけを解き、記憶の定着を確かめます。そして再び間違えた問題には再度チェックを入れます。
3週目では2週目でチェックした問題だけを解きます。
これだけやれば十分です。東大でもどこでも受かります。模範解答となる解き方を暗記することは非常に重要ですので、解答を暗記することも心掛けて下さい。

Q_09 学校までの距離が遠いので、不利です・・・
 誰しも何かしらの不利となる障壁を抱えているものです。「自分だけ境遇が不幸」という考え方をしていては駄目です。 これは私の友人の受け売りになる言葉ですが『いい言い訳』になります。
例えば仮に成績が悪くなったときに『いい言い訳』を持っていると、「自分は・・・だから仕方ない」という考え方に陥ります。 これでは成長しません。克服する努力気にしない精神を持ちましょう。
私も通学時間が非常に長く苦労しましたが、外出する時間を早めたり電車を何本も遅らせて座ることで、電車の中で寝たり勉強する時間を確保しました。 おかげで他のクラスメートよりも時間的には確保出来たと思っています。要は考えようです。

Q_10 学校の先生の授業は聞かなければ駄目ですか?
 難しい問題ですが、これは自分で考える他ないと思います。基準としては「その先生の授業を聞いてる方がはかどるのか否か」です。 塾に行っていたとしても、その先生の授業の全てが自分に必要だとは限りません。中には完璧に理解出来ている内容を解説することもあるでしょう。 そういったときには必ずしも授業を聞く必要があるとは私は思いません。その時間自前の問題集を進めるなどしていた方がよっぽど効率的だと思います。
先生の恩義に報いたい、という考え方もあるでしょうが受かることが最大の恩返しだと私は思っています。それでも背徳感のある人は 『受験に合格して先生に謝りに行こう』という精神で臨んでみてはいかがでしょうか。
私は合格した後、先生方に謝罪に行きました(笑)

Q_11 夏休みは、どのように計画を立てればいいですか?
 夏休みだからといって無謀な計画を立てるのはやめましょう。  量が多いに越したことはないのですが、秋までにコレだけやる!という決めてやると息苦しくなったり、  あるいは「まだきちんと出来ていないけど、次の問題集に手を出さなければ・・・」という気持ちになります。復習重視です。必ず2週解くようにしましょう。
 私のオススメは、1ヶ月等の長いスパンだと計画が立てづらいので、「1週間でこの1冊をやる」と比較的に短いスパンで計画を立てることです。  短いスパンで小さな目標を達成していくと、何度も目標達成を繰り返すうちにそれだけでモチベーションが高まりますし、達成意欲が出て次の勉強につながりました。

Q_12 東大は基礎さえしっかりしておけば受かるって本当ですか?
 東大の受験は教科書をよく読んでいれば解けると公式に発表をしておりますが、実際にはそんなあまくありません。 学校の教科書だけ読んで合格した人など皆無でしょう。東大模試の過去問等も全て揃えて解けばかなりの実践力が付きます。 当サイトの問題集参考書紹介で紹介していますので一度ご覧ください。

Q_13 センター試験と本試験、それぞれの力の入れ具合は?
 東大受験をするならセンター試験に特化した勉強をするのは高校3年の11月ぐらいからです。  センターの点数は東大受験においては殆ど見られないので効率が悪いですし、  2次試験の勉強をしているだけで、全科目の点数合計は700以上にはなります。  なので暫くの間は2次試験の勉強だけを考えておきましょう。

Q_14 学校の先生の授業は聞かなければ駄目ですか?
 受験勉強ではある程度のストイックさが勝負のカギだと思います。  人生でこの時以上に集中して勉強することは大学に入ってからもないと思います。私は受験期間中はテレビ・ゲーム・パソコン等は一切禁止しました。人生最後の勉強との戦いだと思って、自分に厳しくなりましょう。
 

トップ