受験のお役立ちグッズ

 受験生の皆さんが気にかけるおすすめの受験のお役立ちグッズについてまとめました。

メガネ
メガネ
価格: ¥ 25,935 通常配送無料
参考価格: ¥ 39,900
OFF: ¥ 13,965 (35%)

東大生からのレビュー

 視力が低い方はメガネを買っておきましょう。
 意外に思うかも知れませんが、勉強をしている時の集中度は視力が低い状態の時よりも高い状態の時の方がはかどるようです。 恐らくぼんやりとした文字や絵に比べて、くっきりとした文字や絵の方が、視覚情報が頭に入りやすい(脳への刺激も強い)といったところなのでしょう。
メガネをつけるとあまりにも煩わしくて、却って集中できない、といったことでない限り、基本的に普段の勉強からメガネをつけるように心がけましょう。
 また、受験当日に黒板に書いてある注意書きが読めない、というのは非情に危険です!時には試験問題の訂正等もあるので重要!
試験会場の広さ等は当日着いてみるまで分からないですが、200〜300人の学生が入れるような大規模な部屋の場合は、黒板の文字を見るには視力1.0が必要な場合もあります。 視力0.3〜0.5程度の人の場合、普段の生活に困ることがないため、メガネをしない人もいるようなのですが、私としては買うべきだと思います。
 私の場合は、念のためにメガネは当日2つ持って行きました。 また個人的には、コンタクトレンズの場合は取れてしまう危険もあるため、メガネの方がオススメです。




デジタル時計
デジタル時計
価格: ¥ 16,170 通常配送無料
参考価格: ¥ 23,100
OFF: ¥ 6,930 (30%)

東大生からのレビュー

 時計は必須アイテムですね。持っていかないという人はいないと思いますが、その中でもデジタル時計がオススメです。
 特に受験の際の最後の1分・1秒は非常に貴重な時間です。私個人の受験の戦略としては、最後の10分くらいで見直し等をしていたため、最後の1分・1秒も見誤らないようにしていました。
アナログタイプの時計ですと、どうしても細かな時間は見誤ることがありますし、デジタルの方がオススメです。
 そして時計は2つ持っていた方が良いと思います。
突然電池が切れて時計が止まることもあります。最近ではソーラー発電タイプの物も多いようなのですが(私もそうでしたが)、 服の袖に隠れて日光に当たらずに電池が消耗し、受験直前期に止まることがあります。 特に受験直前期は寒い日が続いて厚手の服を着ていることが多いので、日光に当たりにくいこともあるので用心して方が良いでしょう。
 私の経験になりますが、東大受験の1週間前に突然電池が切れました。そのあと、日光にひたすら当てるようにして、2,3日で回復しましたがヒヤヒヤしました。
ソーラータイプのものを使っている人は、家にいる間は時計が日光にできる限り当てるようにするなどの対策をすると良いかと思います。




携帯電話・スマートフォン
携帯電話・スマートフォン
価格: ¥ 35,800

東大生からのレビュー

 もう今時の学生は既に持っている人が多いのかも知れませんが、携帯電話等は必須です。
 電車の遅れ等の突然の問題も生じます。私自身も受験当日に10分程度電車が遅れました。 もし万一の場合には、受験する大学等に連絡を取る場合もありますので、携帯電話・スマートフォンは持っていきましょう。 「連絡できなかった」では済まされません。 最近では公衆電話も減りましたし、必需品です。
もし持っていない場合には、ご家族の方に借りるなりといった対策は必ず行いましょう。 大事な試験ですし、貸してくれるはずです。
 また、前日の充電は忘れずに心がけましょう。





下痢止め・整腸剤
下痢止め・整腸剤
価格: ¥ 851 通常配送無料
参考価格: ¥ 977
OFF: ¥126 (13%)

東大生からのレビュー

下痢止めは必須です。笑い事じゃありません。
受験はやはり人生の中でも大きな勝負どころですし、とてつもない時間を掛けて勉強してきた結果を一日の試験で発揮しなければならないのですから、 ストレスを感じて当然です。ストレスはもろに腸に効いてきますので、お腹が痛くなることは当然生じます。
 私は「ストッパ」という下痢止めを当日持って行きました。結局使うことはなかったのですが、 何かあったときに安心できるので、お守り代わりに持っていくのも良いと思います。




マスク
マスク
価格: ¥ 818 通常配送無料

東大生からのレビュー

健康管理は大事です!
 受験勉強は自分との戦いだとよく言いますが、この時期に自分以外の外からやってくる敵と言えば、 せいぜい病気くらいです。
ただし病気を舐めてはいけません。特に冬まっさかりで寒い時期ですし、花粉症やインフルエンザなどが流行る時期でもあります。 ましてや、この時期の受験生は勉強に集中して運動しないことが多いため、免疫力も低下していることが考えられます。
普段の生活から、特に風邪をひいていない時であっても、マスクをする等の対策を行っていきましょう。
 私の知り合いでも、ここ数年一度も風邪をひいていなかったにもかかわらず、突然インフルエンザにかかってしまい、 受験することが出来なかった方がいました。悔いのないように、普段から万全の対策をしましょう。





空気清浄機・加湿器
空気清浄機・加湿器
価格: ¥ 22,659 通常配送無料
参考価格: ¥ 59,850
OFF: ¥ 37,191 (62%)

東大生からのレビュー

健康管理は大事です!
 受験勉強は自分との戦いだとよく言いますが、この時期に自分以外の外からやってくる敵と言えば、 せいぜい病気くらいです。
ただし病気を舐めてはいけません。特に冬まっさかりで寒い時期ですし、花粉症やインフルエンザなどが流行る時期でもあります。 ましてや、この時期の受験生は勉強に集中して運動しないことが多いため、免疫力も低下していることが考えられます。
自分の部屋での勉強時間も長いと思いますが、その時の快適度が低いとやはり勉強の妨げになりますし、 ハウスダストなどの病気にやられる人も多いようです。  多少お金はかかるかもしれませんが、「一生で一番大事な時期だから協力して!」と親に言って、実際に勉強して誠意を見せれば、 これも投資だと思って、お金を出してくれるご両親も多いはずです。ご家族の協力を頼んでみましょう。




トップ